平成24年度
  【平成24年度 釧路市スポーツ少年団 後期体力テスト会】
 詳細は、少年団のページへ
 
 
 【釧路市体育協会の「社会体育施設整備」に関する要請活動】
 
 釧路市体育協会が例年行っております、体育施設要請活動を、今年度は12月26日(水)に行いました。

 この活動は、釧路市体育協会の加盟団体からの施設要望を集約し、釧路市と釧路市議会へ要請するものです。  
説明する張江会長 
   当日は、張江会長をはじめとする役員5名が活動を行いました。 
活動前、談笑する役員      

10:00〜市長応接室にて蝦名市長へ要請 

10:30〜議長応接室にて月田副議長へ要請
平成24年の活動はこれにて終了となりました。本年も大変お世話になりました。
佳いお年をお迎えください 
 
 
 【赤い羽根共同募金活動】
 
第1回目 ☆11月11日(日)
 『第25回釧根地区小学生秋季バドミントン選手権大会』会場の湿原の風アリーナ釧路にて、選手、応援の保護者の方に協力をお願いしました。
 
 この日は、体操とトランポリンの少年団員も活動に参加し、赤い羽根を手渡しながら善意へのお礼と共に「試合頑張ってください」など声を掛けていました。
   
 
第2回目 ☆12月16日(日) 
 アイスホッケーアジアリーグ レギュラーリーグ『日本製紙クレインズVS王子イーグルス』戦の会場である釧路アイスアリーナにて、来場者の方たちに協力をお願いしました。

 王子イーグルスのマスコット「鷲斗(シュート)」君も募金箱を持ち、一緒に活動してくれました。

 悪天候の中、1400人を超える観客の方がアリーナに応援に駆け付け、たくさんのご協力をいただきました。
 
 2回の活動を通じて、合計26,696円の募金をいただきました。皆様のご厚意は、12月17日に釧路市共同募金委員会へお届けいたしました。
 
 
 第67回釧路市冬季体育祭総合開会式
 
 第67回釧路市冬季体育祭 総合開会式が12月6日(木)18時より釧路市生涯学習センター多目的ホールにて開催されました。

 昨年度の優勝者は、大会委員長である張江会長に優勝杯を返還後、 レプリカを授与されました。
 
 張江会長は「冬季スポーツも少子化で競技者が減少することを心配しているが、みなさんが、先兵となって冬のスポーツを宣伝し、支えてほしい」と選手たちにエールを送りました。

 釧路カーリング協会所属『トップスピンズ』藺幡憲二選手が「日頃の練習の成果を十分に発揮し、正々堂々と戦いぬくことを誓います」と選手を代表し宣誓。
   
 冬季体育祭では、スキー・スケート・アイスホッケー・カーリング・長ぐつアイスホッケーの5種目で、3月までの間熱戦が繰り広げられます。 
 種目ごとの大会日程はこちら
 
 
 【第28回釧路市・釧路管内スポーツ少年団ジュニアリーダースクール】
  詳細は、少年団のページへ
 
  【張江会長市民貢献賞受賞祝賀会】
 
 10月に釧路市民貢献賞を受賞した張江悌治釧路市体育協会会長の祝賀会が11月21日、釧路全日空ホテルで開かれました。                  
   この祝賀会には約150人が出席し、張江会長の長年にわたるスポーツ振興や更生保護活動の功績が讃えられました。  

 栗林定コ市体協副会長からの発起人代表挨拶があり、来賓の蝦名市長、黒木満市議会議長から祝辞が寄せられました。    
 栗林副会長      蝦名市長  黒木議長
 張江会長は、「スポーツの魅力に魅せられ、立派な先達に恵まれた」と振り返り、座右の銘である「モモクリ3年、カキ8年。ダルマは9年でオレ一生」で締めくくり、今後への意欲を新たにしました。 
 
 
 
 【釧路管内体育協会連絡協議会役職員等研修会】
 
 11月9日〜10日の2日間、釧路管内体育協会連絡協議会の『役職員等研修会』が弟子屈町にて開催されました。
 
 1日目は、弟子屈町文化・スポーツ少年団本部長で弟子屈町陸上少年団代表の黒萩徳樹氏が『弟子屈陸上少年団〜みんなに支えられて〜』と題し講演頂きました。 
 
 
 2日目は、齋藤 陽平氏を講師にお招きし、『太極拳』を指導頂きました。
     管内体育協会主催での研修会は「役職員等研修会」と「資質向上研修会」を隔年で開催しており、来年度は厚岸町で『資質向上研修会』の開催予定です。 
         
 
 
 【赤い羽根共同募金運動について】
 
 
 平成22年度より社会貢献活動として取り組んでおります「赤い羽根共同募金運動」を今年度も下記のとおり実施することとなりました。
 
 赤い羽根共同募金運動を通じて、スポーツマンとしての善意や励ましをお届けすることは意義深いものと当協会は考えております。
 
 両日とも、協会役員・協会会員・スポーツ少年団団員が大会会場にて活動を行いますので、会場へお越しの際はご協力の程宜しくお願い致します。 
 
 日時 平成24年11月11日(日)8:30〜9:30 
 会場 湿原の風アリーナ釧路
第25回釧根地区小学生秋季バドミントン選手権大会 
 日時 平成24年12月16日(日)13:00〜14:00 
 会場 釧路アイスアリーナ
アジアリーグ クレインズVSイーグルス 
 
 
  【釧路市民貢献賞授賞式】
 
   10月5日(金)釧路市民貢献賞の授賞式が釧路市議会議場にて行われ、蝦名大也釧路市長より釧路市体育協会張江悌治会長に『釧路市民貢献賞(社会部門)が授与されました。

 謝辞の中で張江会長は、歴代の体育協会会長・現役員への謝意を述べられるとともに、オリンピックイヤーでの受賞・結婚50年目の節目での受賞は生涯忘れる事のない記念になると述べられました。

 受賞おめでとうございます!


 
 【釧路市民貢献賞社会部門受賞者決定!】
 
 本年度の釧路市民貢献賞社会部門で、当協会張江悌治会長の授賞が決定いたしました。

 張江会長は、当協会の役員のみならず、78年から釧路地方陸上競技協会会長、84年から釧路管内ソフトボール協会会長。86年からは釧路少年鑑別所後援会長を務め、子どもの健全育成にも力を入れております。

 授賞式は、10月5日、市議会議場で行われます。
 
 
 
 【第28回釧路市スポーツ少年団スポーツ交流会】
 詳細は、少年団のページへ
 
 
 【平成24年度釧路市体育協会表彰式 第67回釧路市秋季体育祭総合開会式】
 8月24日(金)湿原の風アリーナ釧路サブアリーナにて、『平成24年度釧路市体育協会表彰式 第67回釧路市秋季体育祭総合開会式』が行われました。
 当日は約300名のご参集をいただきました。 

 18:30より、功労賞・優秀選手賞各1名の表彰式が行われました。 
功労賞   優秀選手賞 
桑野 俊充 様 舘 翔汰 様    
           
  秋季体育祭総合開会式では、釧路地区空手道連盟 見田尊選手による元気いっぱいの力強い宣誓が行われました。会場が割れんばかりの拍手となり、 選手の皆さんが12月までの各熱戦へ向け心を一つにした瞬間でした。  
 
 
 【第40回 釧路湿原マラソン】
 
 7月29日(日)釧路湿原マラソンが開催されました。今年は記念すべき第40回目の大会となりました。     今年も道内は勿論、全国各地からたくさんの参加をいただきました。 
    この日の釧路市の最高気温は27.2℃と例年の湿原マラソンに比べ気温が高く、出場されたみなさんを苦しめたことと思います。    
 
 招待選手として、市民ランナーの星☆川内優輝選手が30kmに出場し、大会を盛り上げて下さいました。    レース後は各種目の表彰式でプレゼンターを務め、入賞されたみなさんに更なる喜びをプレゼントしてくださいました。 
 市民の皆さん、沿道でのたくさんの応援ありがとうございました。
当日ボランティアの皆様お疲れさまでした。 
 
 【平成24年度釧路市体育協会第2回理事会終了】   
 7月24日(火)釧路市体育協会第2回理事会が行われました。審議事項として、釧路市体育協会の表彰受賞者について、慎重審議の結果、功労賞=桑野俊充様(全釧路剣道連盟) 優秀選手賞=舘翔汰様(釧路水泳協会)への表彰が決定されました。 
 表彰式は、8月24日(金)18:30より湿原の風アリーナ釧路サブアリーナにて、第67回釧路市秋季体育祭総合開会式に合わせて行われます。 
 
 
 【平成24年度釧路市スポーツ少年団前期体力テスト会】   
 
 詳細は、少年団のページへ
 
 
【平成24年度釧路市体育協会評議員会終了】   
 
 4月19日(木)夜、釧路プリンスホテルにて平成24年度の総会にあたる評議員会が開催されました。 
 張江会長は、冒頭のあいさつの中で、東日本大震災の被災者支援活動として実施した組織的な善意の取り組みに謝意を示すとともに、「スポーツを通じて釧路や日本が明るくなるよう、誇りをもって取り組んでいこう」と、釧路のスポーツ振興への協力を求めました。         
   
   議案審議では、秋季・冬季釧路市体育祭の開催のほか優秀選手や功労者の顕彰、全道・全国大会開催への協力、スポーツ少年団活動の推進。大規模運動公園をはじめとする公共体育施設の整備促進、釧路市へのスポーツ合宿誘致など、平成24年度の事業計画が承認されました。       
   
 体協事務局の業務時間について、これまでの午前8時50分〜午後5時20分を、5月1日から午前9時〜午後5時とすることに変更となりました。
               詳しくはこちら 
 
   
   また、現在、所在地を市教委内部に置いている体協事務局については、他都市の体育協会の多くが体育施設にあることを考慮した上で、移転に向けた準備作業を進めていくことが確認されました。